好きな人に好きな人がいる時の効果的な対処方法

好きな人に彼女がいる、彼氏がいる。

でも、どうしても付き合いたい。

実は、好きな人と恋人を催眠誘導で別れさせ、付き合うことが可能です。

本当は絶対に話したくなかったのですがあまりにもリクエストが多かったので今回特別に公開します。

悪用厳禁でお願いします。

あなたを特別だと思わせる暗示

まずは、あなたと一緒にいる時間を特別だと感じてもらえるように3週間かけて好きな人に暗示を掛け続けていきます。

3週間より短くても上手にやれば暗示は掛かりますが、3週間程度掛けると成功率は格段に上がります。

では入れるべき2つの暗示を紹介します。

1つ目は「今」

好きな人と話す際は、「今」「今日」「この瞬間」などといったワードを、なるべくたくさん使うようにしましょう。

例えばですが次のような感じに話しかけてみてください。

「”今”すっごいねむい」

「”今日”の授業難しいのばっかりだねー」

「”今この瞬間”を楽しもうよ!」

この暗示が入るとあなたと話している時、今この瞬間に意識が集中しやすくなります。

こうなればあなたのアプローチがひびきやすくなります。

これは会っているときに擦り込むのがベストですが、LINEや電話で暗示を擦り込んでも問題ありません。

2つ目は「もしも〜だったら」

第2の暗示は「もし~だったら」です。

「”もし”学校サボってディズニー行けたら最高だよね」

「”もしも”100万円もらったら何欲しい?」

「あのタピオカ、”現実じゃあり得ないくらい”美味しかった!」

このように、仮定の話、非現実的な話をし続けるようにしましょう。

そうなると、あなたと話している時に自制心が働きづらくなり「恋人がいるから異性と2人で出かけるのはやめておこう」といった自制心がどんどん薄れていきます。

それだけでなく、あなたと話している瞬間を「普段とは違う、特別感のある瞬間」だと感じるようになります。

普段との違いを強調するワードであれば他の言葉でも効果がありますね。

例えばですが「この写真すごくない!こんなところに旅行行けたら、”夢みたいだよね”」みたいな言い回しでもOKです。

恋人と別れたくさせる暗示

上記の暗示をかけることで、好きな人はあなたといる時間を特別だと感じ始め、かつ、自制心が薄くなっています。

ここまでくれば後は好きな人には恋人と別れたいと感じてもらうように誘導するだけです。

この誘導の具体的な方法は、好きな人に恋愛トークを振り、のろけでも良いので、恋人の愚痴を話してもらうというものになります。

「俺の彼女、いつも待ち合わせに遅刻してくるんだよね」

このように、どんなに軽い内容でも良いので、好きな人から恋人の愚痴を引き出しましょう。

その後、「いやいや、でも最終的には来てくれるんだし、良い彼女だよね」などと、”無理矢理”褒めます。

この”無理矢理”が非常に重要です。

好きな人:「うちの彼氏、LINEの返信めっちゃ遅いんだよね」

あなた:「いやいや、彼女をスマホ依存症にしたくないっていう優しい彼氏じゃん!」

多くの人は、自分の恋人を悪く言われると怒りますが、自分の恋人を褒められると、謙遜しがちです。

そして「無理矢理」褒められているので、まず高い確率で謙遜して「そうかなー。でもさー、こういうところもダメなんだよねー」といった、自分の恋人を下げる発言を引き出すことが出来ます。

これを毎日繰り返すと好きな人は潜在意識下で、自分の恋人にネガティブなイメージを持ち始めるようになります。

一方であなたと話している時間を特別に感じるようになっているので、気付いたら恋人と勝手に別れるように誘導できています。

恋人を浮気から守る方法

当然ですが付き合っている彼氏や彼女がいる人は、恋人が他の人に取られてしまうのではないかと不安になりますよね。

ですが、「他の異性とあわないで!!」というと束縛する重い人だと認識されてしまう可能性もあり強くは言えません。

そこで、そんなときのための防御策も、ちゃんと紹介するので安心してください。

こんな時の具体的な解決法は、恋人自身に「あなたの良いところは浮気をしない誠実なところ」と普段から暗示を掛け続けることです。

普段から

「拓海くんの良いところは絶対に浮気をしない誠実なところだよね」とか、

「恋人がいる異性と2人きりで会おうとしてくる人って無神経だよね」などと発言をしておきましょう。

人間は、無意識のうちに「期待された自分」通り振る舞おうとする性質があります。

上記のような発言を恋人に常々しておくと、恋人自身の自制心がしっかり働くようになり浮気には発展しなくなります。

また恋人以外の発言より、恋人からの発言の方が重視されることがほとんどです。

なので別れさせる暗示と、浮気しない暗示、両方の暗示がかかっている場合は、浮気しない暗示の方が強く働くことになります。

ただ、これは一般的な性質の話なのでその恋人の元々の性質や、別れさせたい人の影響力にもよって暗示の効果は変わってきます。

慢心せず、普段から自分の恋人には、「誠実なところが素敵だよ」と定期的に言っておくようにしましょう。